太陽光発電の良い所と悪いところ

太陽光発電のいいところ、悪いところ

東日本大震災以降、クリーンなエネルギーへの注目は高まっています。

潮力発電や地熱発電といったものも有望ではありますが、知名度、わかりやすさでいえば、ダントツで太陽光発電ですね。

空の太陽の光を電気に変える。これほどわかりやすくてクリーンなイメージの発電はありません。

空と自然

しかし、太陽の光をどのように電気に変えるのかという部分までは理解が進んであたません。理解していなくても問題はありません。

自動車の構造に詳しくなくても自動車の運転は出来る、というのと同じことです。

しかし、一般家庭に太陽光発電を導入する場合には、わかっておいた方がいい点があります。

電気の買取価格です。当面は高い金額での、買取が決まっていますが、電力自由化法案が通れば、徐々に買取価格が引き下げられていくでしょうから、始めるなら、早い方がいいということです。

しかし、違う見方も出来るのです。変換効率の問題です。技術というのは年々進歩していきますから、今よりも5年後10年後の方がよい製品が作られるだろうということはわかるはずです。

エアコンだって、毎年のように省エネ効率が高まりました、と宣伝していますけど、それと同じことです。

自宅に太陽光パネルを設置して、太陽光発電を始めるとした場合、5年10年でおしまいということはありません。

もっと長期間使用することになりますが、生み出す電気量が少なければ有効活用している感じも少なくなります。基本的に、電気は残りませんから、地域の電力会社に買い取ってもらうことになります。

蓄電池を設置したら、電気をためておいて自家消費にも使えますが、蓄電池の分、元をとれるようになるまでの期間が長くなりますが、本来的な意味でなエコ生活を実践しようと考えるなら、今よりも変換効率が改善されてから導入してみるというのも選択肢としては悪くないものです。

 

太陽光発電のメリットについて

たんぽぽ綿毛

太陽光発電とは、太陽のエネルギーを電気に変換する製品、方式のことです。メリットとしては、一度導入すればしばらくは電気代が安く済む場合であったり、電気を売って利益を得られる場合などがあります。

基本的には昼に電力を蓄えて、その電力を利用する形になります。

ちなみに電気を売ることは売電と呼ばれていて、電力会社が買い取ってくれます。

ソーラーパネルと呼ばれることもあり、屋根の上であったり、小型のものをベランダなどに設置、配置している家庭もあります。

ちなみに太陽光発電はビジネスや農家などでも利用されています。

パネルの大きな物もあり、ビジネスや農作業で使用する電力を太陽光発電で対応しているところも多いです。

一般的には、パネルが大きいほうがトータルでの電力量も大きくなります。

そのため農家の場合は、パネルを設置するだけの広いスペースが必要となります。

販売メーカーが、どれぐらいの期間使用すれば元を取れるのか掲載していたり、表を作ってお客に提示しているところもあります。

家電量販店にパンフレットや資料などを起き宣伝していたり、ホームページから情報公開しているところが多いため、店頭、インターネットともに情報を調べることができます。

またインターネット上には、太陽光発電の導入メリットであったり、かかる費用について比較している情報サイトもあります。

初めて利用する場合は、そういったところから情報を集めて参考にできます。