トップページ

太陽光発電の寿命

太陽光発電システムは20~30年もつと言われている。これは電池モジュールの寿命から言われている年数だ。モジュールで発電された電気を直流から交流に変換するパワーコンディショナーの寿命は10年間と言われ、寿命が来たら部品交換もしくは全交換の必要が生じる。

 太陽光発電には、ほとんどの場合10年以上の保証がついている。というのも、10年以上の保証がないと、国からの補助金が交付されないようになっているからだ。保証内容は、各メーカーで異なっているが、内容の多くは自然災害による機器損害に対して、200万円などの上限を設けて補償するという類のものである。200万円ならば、住宅用であれば初期費用に達する額であるので、安心感はある。

 屋根の上で風雨にさらされる電池モジュールだが、雨が汚れを落としてくれるので、掃除の必要はない。電池モジュールは、それを取り付けるための専門技師を養成する専門学校もあるくらいで、その設置方法は建築基準法によって厳密に定められている。台風などの強風に「耐える」ことを前提として設置されるので、これも一応は安心だ。

ただもちろん、定期点検は受けておくに越したことはないだろう。各メーカとも、有償の場合(2万円程度)が多いが、1年後、5年後、9年後と、4年スパンでの定期点検を実施している。点検費用は意外と馬鹿に出来ないので、点検費用を、設置費用のうちに含めてキロワット単価を計算したほうが、より正確な回収年数を計算できることになる。

 丁寧に点検を行い、システムが25年や30年くらいもってくれれば、初期投資回収どころか、電力会社に支払う電気代は減り、余剰電力の買取で収益となる。20~30年後には、現在よりもはるかに低価格で太陽光発電システムが売られているだろうから、その収益の一部を次回のシステム導入費に充てるのも良いだろう。


太陽光発電の設置コストと回収期間

太陽光発電を一戸建て住宅に導入する際に、よく基準とされる定格電力量は「4キロワット」だ。キロワット単価で言うと、現在の技術(2013年1月現在)だとおよそ45万円前後となることから、単純計算で、「45×4 = 180万円」の設置費用がかかる計算になる。

一般家庭の消費電力量は、核家族家庭であれば年間およそ「5000~6000」キロワットアール(kwh)となる。太陽光発電システムを真南に設置した場合の、定格1キロワットあたりの発電量は年間「1000」キロワットアールと言われているから、定格4キロワットシステムであれば、年間「4000」キロワット。したがって、年間消費電力の大半を賄えてしまうことになる。これは電気料金に換算すると、年間約「8 ~ 9万円」分の電力を無料で賄える計算である。

 む?8~9万円?これだと、前述の設置費用180万円を回収するのに、180÷8 ≒「23年間」かかってしまうのではないか?一見お得に見えて、実はお得ではないのか?太陽光電池モジュールの寿命は20年「以上」だから、25年や30年くらいはもってくれるかも知れないが、もし20年ぴったりで寿命を迎えてしまったら、この計算では収支がトントンになってしまう。

 実際にはそうではない。と言うより、そう「ならない」ために導入されている制度が「固定価格買取制度」だ。経済産業省資源エネルギー庁が公表する現在(2012年度)の買取価格は、システムの定格が10キロワット未満の一般住宅であれば、1キロワットアールあたり「42円」となっている。

 太陽光発電は、蓄電はされず、太陽の出ている間だけ発電される。もし日中は仕事などで家を空けていて、電力をほとんど使わないと仮定した場合、発電量の大半が「余剰電力」として電力会社に買い取られる。

例えば年間4000キロワットアールのうち80%を余剰電力として買い取ってもらえるとしよう。このとき4000×0.8×42 = 「134,000円」が、1年間の間に口座に振り込まれる。これだと、1800,000÷134,000 ≒「14年」で回収できることになる。それ以降は、従来の電気代の半分以下の値段で、日常生活を送ることができるのだ。

長期的に見れば、このように設置費用は回収される。それどころか、環境負荷の少ない発電技術に貢献することにもなるので、経済的にも理念的にも、満足感は得られるだろう。


安全・安心・激安のリフォーム業者の探し方

太陽光発電の導入と共にリフォームをしたい!

既存の家に太陽光発電の導入を設置するなら、ついでにリフォームをした方が良いです。同じバタバタするのなら、この機会に太陽光発電の設置と前々から考えていたリフォームを同時にしてしまうのです。

でも、どこで。

そこでオススメなのが、リフォーム業者の紹介サイトの活用です。

特に「ホームプロ」がオススメです。なぜか。それは、リフォーム部門のポータルサイトで4年連続1位の利用者数を誇っているサービスだからです。ホームプロは、無料で優良リフォーム業者を探すことができるのです。しかも匿名で。詳しくはコチラでご確認ください。→ホームプロ